ちんまおの日々を綴ります。。(=゚ω゚)ノ


by qingmao

法事

はい、今日は法事でした。
33回忌、いやーよく考えたら長いね。こういう所は見習っておいらも引き継いでいかないとな~。

で、その法事で行ったお寺の住職さんが話された中で面白い話を聞けたのでそれを。



皆さん「スジャータ」って知ってますか?
そう褐色の恋人とかってキャッチコピーでも有名な乳製品の会社ですよね。

このスジャータって一体何の事か皆さん知ってましたか?
なんと人の名前だったのです!(゚Д゚)b

話は遡る事約2千5百年前、仏教の祖仏陀が悟りを開く場面での事です。

王子の位を捨て、修行の道へ入り、当時の著名な仙人達の教えでは真に納得のできなかった仏陀は断食に代表されるような苦行を行うようになっていきます。
しかしそれでも悟りは得られず、ついには長い断食の結果道端に倒れこんでしまい動けなくなってしまいました。
そこへ羊飼いの娘スジャータが通りかかりました。
スジャータは仏陀が過度の栄養不足から倒れてる事を読み取り彼に連れている羊の乳を飲ませてあげました。そして更に自分の昼食であった糒(ほしい)をミルクに混ぜミルク粥のようにして仏陀に与えてあげたのでした。
仏陀はこれまでにない満足感と安堵とを得、なんとなく悟りのヒントを得たように思いました。

スジャータへお礼を言い、近くの菩提樹の樹のたもとへ腰掛け瞑想をはじめた仏陀。
ほどなくして彼は仏教と出会う事になります。

…とまぁこうして悟りをようやく得る事の出来た仏陀は弟子達と供に仏教の教えを広めて行くのでした。



そう、スジャータは仏陀が悟りを得るにあたってヒントを得るきっかけを作った重要な人物の名前だったわけです!

スジャータの会社の創始者が社名を考えている当時、とある著名な浄土真宗のお坊さんからスジャータの案をもらったそうです。上のような故事に倣って愛情に溢れた人を幸せにする乳製品を作りなさいとの訓示を得たというわけです。

いやー日常何気なく見たりしている名前にこんな言われがあったとは驚きでした。面白いもんですね☆
[PR]
by qingmao | 2006-05-06 01:31 | リアル